勝戦の戦乙女ヒルド:紹介

ゆるドラに登場する戦乙女でヴァルキリーの後輩。
胸囲が小さく、そのことを良くネタにされてます。
最高の相棒であるレギンレイヴは、いつ魔界ウォーズに参戦するのでしょうかね(*´ω`)

そんなヒルドの紹介を行います。

 

ステータス・属性・武器

項目名 LV140
Hp 9300
Atk 1020
Def 860
Spd 110
CriPer 10%
CriDmg 65%
Move
Range
武器
属性

 

アクティブスキル

スキル2:爆炎スマッシュ
初期CT:6

単体技でCTも長いですが
スキル2ながら大ダメージ表記で、最大50%麻痺となるボスキラーな技。

 

スキル3:大気圏ハンマー
初期CT:6

回転率は低めですが、純粋にダメージが伸びていく頼れる主力範囲技。
大ダメージも超ダメージも同じ倍率という有志達による調査結果は出ていますが
ヒルドの場合も同じになるのかな?

ともかく、一撃必殺となる技で
9~10層攻略では非常にお世話になりました。

 

パッシブスキル

スキル1:勝利の破壊力

強力なパッシブ。
ヒルド自身が止めを刺す必要がありますが
敵を倒せば倒すほどAtkが増加する、アタッカーにとってありがたい能力です。

複数同時に倒した場合は、恐らく1回のみの判定になります。
2回目に発動した場合は1回目に発動し上昇したAtkを含めて増えるはず。

いい加減なことを言っているかもしれないので
間違えておりましたらご指摘お願いいたします。

 

スキル2:炎槌の重撃

こちらも強力なパッシブ。
スキル1の指定がありますが、クリティカルを出すだけで50%スタン付与が出来ます。
Wave間のCT溜め延命に最適で、こちらも9~10層攻略に多大な貢献をしてくれました。

赤魔石を揃えられればクリパ100は容易なので
ヒルドを使う場合、クリ確構成が必須となりますね

 

総評

攻撃方面に特化したアタッカー。
パッシブ、スキル2の両方でスタン付与が望めるため、妨害能力も高めと優秀。
その分、遠距離攻撃に乏しく、移動力+1が無いと遅めの足に加えて渋滞になりがちです。

また、耐久・状態異常に関する特殊能力は持ち合わせていないため
敵からの状態異常攻撃には滅法弱いです。
ピチドラや僧侶などの異常回復パッシブ持ちと組み合わせないと、
全く身動きが取れないターンも増やされがち。

しかし、殴り合いには滅法強く。
スタン付与を前面に押し出したボスとのタイマンには輝く一枚となりそうですね。

 

他にもご意見がありましたら
宜しくお願い致します(*´ω`)

 

スポンサードリンク



この記事へ6件のコメント

  1. MAKOTO
    2018年4月13日 12:16

    ついさっき、Lv120達成ボーナスの火召喚チケットを使ったらヒルドが出ちゃいました♪

    この手の火力特化型キャラは鍛えるほどに目に見えて火力が上がっていくので嬉しいですね~

    ついつい9層周回を中断しちゃって育成中です^^;

    • 栗野郎
      2018年4月13日 12:30

      >MAKOTOさん

      ヒルド獲得おめでとうございます♪
      使いやすく、10層攻略でも貢献してくれたので
      ホントおすすめです(*´ω`)

  2. うーまろ
    2018年4月13日 13:22

    更新お疲れ様です (*´ω`)←ぱくりw

    私はこのまな板っ娘が一番のお気に入りなんで、魔界ウォーズはヒルドで始めまして、敵属性が水だろうが強制連行してますw

    敵を倒すほどに上がる攻撃力にオレンジ魔石をつければマッスルパワー状態のアクセの間のボスにも大ダメージ、赤魔石でクリ%盛ったら敵を縛るスタンガンにもなれる。今はMove靴履かせてますが、覚醒2たどり着いてこれをメガネかピアスに変える日を夢見てます。

    • 栗野郎
      2018年4月14日 13:11

      >うーまろさん

      労いありがとうございます(*´ω`)(おかえしw

      お気に入りユニットはどこにでも連れていきたい。
      あるあるですよね♪
      スタン効果が非常に優秀なので、
      クリパ100のヒルドには多くの場所で助けられました(*´ω`)
      うーまろさんもオンリーワンなヒルドを育成してくださいね♪

  3. ハッカダーネル
    2018年4月13日 23:15

    ???「4/3が誕生日ッスよ。」
    (資料集より)

    • 栗野郎
      2018年4月14日 13:13

      色々と詳しすぎるw

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ